呼吸器内科

呼吸器内科について

呼吸器内科について

呼吸器とは肺およびその周辺臓器のことです。呼吸器に異常が起こると命にかかわることもあります。咳・痰・血痰・呼吸困難・胸痛など、いつもと違う症状がある、症状が長引く、もしくは健診などでレントゲン異常を指摘された場合は、はやめに受診しましょう。生活習慣の相談からより詳しい検査、治療まで、専門医が対応いたします。

このような時は呼吸器内科へ

呼吸器(肺その周辺臓器)の病気は多岐にわたります。
息切れがする、呼吸がうまくできない、咳がなかなかよくならない、痰に血が混じる、健康診断で胸部に異常がある場合は、背後に大きな病気が隠れている可能性があるため、早めにご相談ください。丁寧にお話を伺い、原因を調べ、症状の改善に繋がるように治療を行います。

対応可能な疾患名

  • 喘息
  • 肺気腫(COPD・たばこ病)
  • 長引く咳
  • 肺炎・肺線維症(間質性肺炎)
  • 肺がん
  • 気管支喘息 など

代表的な疾患

気管支喘息

気管支喘息

喘息は、「ゼーゼー」「ヒューヒュー」という症状(喘鳴)が特徴で、気管支(気道)の粘膜に慢性的な炎症が起こる病気です。喘息の患者様の気道は過敏になっており(気道過敏性)、ウイルス、ダニ、ハウスダスト、タバコ、ペットの毛、温度の変化などによる刺激が加わると、空気の通り道が狭くなり、咳が出たり、息苦しくなったりします。
治療は吸入薬によるものが主で、長期管理薬と発作治療薬の2種類です。
長期管理薬はコントローラー、発作治療薬はリリーバーとも呼ばれます。その中でも、長期管理薬としてのステロイドが治療の中心となります。
また、抗原回避(アレルギーの原因物質を排除する環境整備)も大切です。

肺気腫(慢性閉塞性肺疾患・COPD)

肺気腫(慢性閉塞性肺疾患・COPD)

肺気腫は、タバコの煙などの有害ガスを長い年月にわたって吸い込むことによって起こる病気です。

本来の肺組織が破壊されて空気がたまり、空気の通り道である気道(気管支)が狭くなり、うまく息を吐けなくなってしまいます。

肺気腫になると、咳や息切れがでるようになり、病気が進むと日常生活のちょっとした動作でも息切れを感じ、また心臓にも負担がかかるようになります。

肺気腫の治療
“禁煙”が重要になります。治療には、咳や息切れの症状を緩和するために、効果が長く持続する気管支拡張薬を用います。
症状が進行すると、在宅酸素療法(機械を使用して自宅で酸素を吸入する治療)が必要になることもあります。

長引く咳

長引く咳

咳が続くと、体力を消耗したり眠りが妨げられたりとつらい思いをすることがあります。 3週間以上続く咳を「遷延性の咳」、さらに長引く咳で8週間以上続いている咳を「慢性の咳」と言います。3週間以上続く咳の場合、程度が軽く日常生活に支障が出ない程度であっても、一度受診しましょう。
咳には、肺がん、肺炎、結核、気管支炎などの感染症、気胸、喘息、咳喘息、肺気腫(たばこ病)などの呼吸器の病気が潜んでいることがあります。
その他咳の原因として、アレルギー、花粉症、副鼻腔炎などの耳鼻科の病気、心不全、逆流性食道炎などがあります。
当クリニックでは、まず重大な病気がかくれていないかをレントゲン、採血、呼吸機能検査で確認し、咳がとまるように治療方針を組み立てます。

ご予約・お問い合わせはお気軽に

受付時間は、診療終了30分前です。
予約枠が埋まっている場合でも受診いただけます。お気軽にお問い合わせ下さい。
内科 / 循環器内科 / 呼吸器内科 / 肝臓内科